• 初めてご利用の方は、まずこちらをご覧ください。
  • 会員登録はこちら
  • 店長のタイムリー オススメコーヒー
  • スペシャルティコーヒーの業務用卸はこちら
  • 抽出器具・消耗品はこちら

カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
営業日の受付時間
午前11時までのご注文は、当日焙煎・当日出荷となります。
(平成28年12月より休前日も午前11時までに変更になりました。)
産地別コーヒー豆
南米産 コーヒー豆
中米産 コーヒー豆
カリブ海産 コーヒー豆
アフリカ産 コーヒー豆
アジア・その他
ブレンドコーヒー
カフェインレスコーヒー
コーヒー以外の商品

商品検索

商品カテゴリーから選ぶ

商品名を入力


  • スペシャルティコーヒーギフト
  • コーヒー豆以外の商品
  • お客様の声

ジャマイカ ブルーマウンテンNo.1

おすすめ焙煎度:ハイロースト 味のチャート

お買い物エリアへ移動

少々悩ましいのですが<シティロースト=4>がおすすめ。

「焙煎度」について

上島店長の評価

   

甘い香りとコーヒーのもつ特性のすべてを持ったそのバランスの良さ!
プレミアム中のプレミアムコーヒーです (^。^)

 
 

商品の情報

生産地

ジャマイカ 
ブルーマウンテン地区

農園 グリニッチ・マウンテン エステート
標高 1000m
精製 水洗式=washed
その他 ★英国王室御用達
★世界の超一流品
★本物のプレミアム
★全てを兼ね備えたマイルドコーヒー

ブルーマウンテンコーヒーの故郷は、熱帯カリブ海に浮かぶ小さな島ジャマイカ。 
その東西を貫くブルーマウンテン山脈の東に位置する
「ブルーマウンテン・エリア」がその地です。

 

ブルーマウンテン・エリア」は1953年にジャマイカ政府が国策として
ブルマウンテンコーヒーの栽培環境とその高品質を守るために
他のコーヒー栽培エリアとの境界を明確に定めたものです。 

そして、例えその隣の土地で栽培され、品質その他においても
何ら変わりがないとしても「ブルーマウンテン・エリア」と線引きをされた
土地以外で栽培されたコーヒーには「ブルーマウンテンコーヒー」と
名告ることを禁じたのです。

 

その結果、そのエリアで産出されるコーヒーは、急峻な地形と、
その結果としての手作業による丁寧で行き届いた栽培環境も含めて、
今日まで「ブルーマウンテンコーヒー」の名にふさわしい品質を
守りつづけることが出来たのです。

ちなみに、数あるコーヒーのなかで樽詰にされて輸出されるのは、
このブルーマウンテンのみ。 
ジャマイカ政府とジャマイカの人々がこの「ブルーマウンテン・コーヒー」にかける情熱とこだわりがここでも窺い知ることが出来るでしょう。

 

この「ブルーマウンテン」という名称は霧のために青く霞んで見えるという
ところから来ているとか。
年2回の雨季、毎日をつつむように現れるこの「美しいブルーミスト(霧)」。
これは、その昔 “Xaymaca”(ザイマカ)「森と水の大地」と呼ばれていた
ジャマイカ島の人々への神の賜物かもしれません。

ブルーマウンテン グリニッチ・マウンテン エステート

グリニッジ・マウンテン エステート(GMEL農園)は1975年にグラハム一族が購入した農園で、少しずつ拡張を続け今日に至っています。
ジャマイカの首都キングストンから車で約90分、くねくねと折れ曲がるいろは坂のような道を登ると、標高約1000メートルのグリニッチ地区に到着します。
ここにGMEL農園があります。

南に面した急峻な農園では、午前中はカリブ海に輝くまばゆい太陽の光を浴び、午後になるとブルーマウンテン地区特有の霧に包まれます。
霧が出てくると急に気温が下がり長袖のシャツを着ないといられなくなるほど涼しくなります。
北緯約18度、標高1000メートルに位置するこの農園の夜はさらに涼しくなります。
この寒暖の差がコーヒー豆をじっくりと育んでいます。

ブルーマウンテン地区はコーヒーを栽培するのに最適な自然条件を備えていると言われていますが、
その中でもGMEL農園は素晴らしい条件を備えています。
また、この農園は苗木から輸出まですべてを一貫して自分たちの手で行ったジャマイカで初めてのコーヒー農園です。
 
[ 栽 培 ]
農園主のダグラス・グラハムは、バナナ、サトウキビ、牛の飼育などの歴史を持つ一族の3代目の農民です。
大変研究熱心で、世界のコーヒー栽培ついて研究し、伝統的な方法に最新の知識を取り入れ、栽培の責任者として最高のコーヒーチェリーを生産すべく日々努力しています。
苗 木の生産から精製までを担当し、出来るだけ環境にやさしい農業を目指しています。肥料はパルプカスの堆肥と鶏糞などの有機肥料を主体に必要最小限の化学肥 料を使用、また、精製処理の排水は、沈殿処理され、浄化吸収力の高い野生の葦を植えた人工の湿地を通し、吸収・蒸散させることによって汚水の排水がゼロと なるよう環境への配慮をしています。
販売の責任者は奥さんのメラニー、精選は息子のスティーブンが担当です。

[ 精 製 ]
精製は収穫当日に行い、一日分を1バッチとして管理しています。

[ 乾 燥 ]
専用の乾燥用網棚を使った天日乾燥が基本、一番日差しの強い時間はシートで覆うなど、日照に応じて調整しながら、どうしても必要な場合には送風のみで乾燥を行います。乾燥したパーチメントは劣化を最小限に抑えるため、空調設備のある倉庫で一定の温度で保管しています。

[ 精 選 ]
高品質化のため約2ヶ月エージングしたパーチメントは、輸出のための下記の通りの精選工程に入ります。
異物除去→脱殻・研磨→サイズ選別→比重選別→電子選別→ハンドピック→樽詰
小さな工場に並んだ小さな機械ですが、手を掛けて丁寧に作っています。
もちろん、最終的にコーヒー産業公社で品質・農薬検査を行い、合格したものだけが輸出されます。


家族経営で小規模ですが、自分の手で育て、自分の手で精選し、自分に手で樽詰めして輸出を行っていますので、100%のトレーサビリティーということが出来るでしょう。そして、それぞれの責任者が一つ一つの作業を丁寧に行い、最高のブルマンを作るべく努力を続けています。

是非、グラハム一家が丹精こめたブルーマウンテンコーヒーをご賞味ください。

 

ブルーマウンテン No.1グリニッチマウンテン農園 (生豆300g/1袋) 【ジャマイカ・カリブ海】

焙煎度
豆の挽き方
個数
価格
5,070 円(税込)
商品コード: 024

このページのトップへ