• 初めてご利用の方は、まずこちらをご覧ください。
  • 会員登録はこちら
  • 店長のタイムリー オススメコーヒー
  • スペシャルティコーヒーの業務用卸はこちら
  • 抽出器具・消耗品はこちら

カレンダー

2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
営業日の受付時間
午前11時までのご注文は、当日焙煎・当日出荷となります。
(平成28年12月より休前日も午前11時までに変更になりました。)
産地別コーヒー豆
南米産 コーヒー豆
中米産 コーヒー豆
カリブ海産 コーヒー豆
アフリカ産 コーヒー豆
アジア・その他
ブレンドコーヒー
コーヒー以外の商品

商品検索

商品カテゴリーから選ぶ

商品名を入力


  • スペシャルティコーヒーギフト
  • コーヒー豆以外の商品
  • お客様の声

ブラジル ファゼンダ・ヘカント

おすすめ焙煎度:フルシティロースト
 
味のチャート

アイスコーヒーにもお奨め

お買い物エリアへ移動

「焙煎度」について

上島店長の評価

   

レインフォレスト・アライアンス認証農園産コーヒーの実力がこれほどだとは思っていなかった!
バランスが大層良く、力のある味行きは優れたものがある。
かな り良いものを感じる。

ブラジルのレインフォレスト・アライアンス認証団体IMAFLORAによる
第1回レインフォレスト・アライアンス認証コーヒーの品評コンクール(2008年 11月開催)で
41品中4位を獲得した農園のコーヒーというのも大いに頷ける。

 
 

商品の情報

生産地 ブラジル連邦共和国
ミナスジェライス州
アルフェナス近郊
樹種 ムンドノーヴォ種
精選 半水洗:40%
ナチュラル:60%
乾燥 天日乾燥
保管 トゥーリャ
(木製倉庫)

農園の紹介

農園名 ヘカント農園
オーナー マリア・パイバ
アフラネオ・パイバ
標高

906-1122m

認証と入賞
2007年 レインフォレスト・アライアンスの認証を受ける
2007年 ミナス州コーヒー品質品評コンクールに参加し、100人の鑑定士の鑑定でヘカント農園のコーヒー見本2つが選ばれ、Creja Descascade(半水洗コーヒー)部門で最終審査優良15に残る
2008年 ブラジルのレインフォレスト・アライアンス認証団体IMAFLORAによる第1回レインフォレスト・アライアンス認証コーヒーの品評コンクールで41品中4位の評価を受ける
2009年 3月に北米で行われたレインフォレスト・アライアンス認証のコーヒー品評会で12位入賞
2009年 環境優良農園に指定される


レインフォレスト・アライアンス ホームページ
http://www.rainforest-alliance.org/index_japanese.html

 

 

ブラジルのレインフォレスト・アライアンス認証農園のコーヒー「ファゼンダ・ヘカント」の麻袋と生豆。

ヘカント農園の現在の土地は18世紀の終わり頃から現在の所有者である家族のものでした。
この土地の登録は1855年に遡り、初代ミザエルの名前で登記所に正式に記録されています。そのころの農園名はサンルイスで、面積は約1000haありました。
土地が肥沃なため、当初よりコーヒー栽培が導入されました。
当時、22万本のコーヒー樹が植えられ、その品質はリオやサンパウロのコーヒーと比べても遜色のないものであったと1874年に出版された有名な「almanack sul-mineiro」に記されています。


1916年には祖父オリンピオは農場を相続者に分割、その一つがヘカント農園で、長子のラザロが継ぎました。
ラザロは卓越した能力で優良なコーヒーを生産し、又その生産量を増やしました。そして色々な農業展示会で入賞を繰り返しました。
ラザロが亡くなったあと、農場は再び分割されました。
1982年母親がなくなったときに子供たちに分割された農園をまた一つに統合し、新たに本部施設やコロニアの家屋を建て、コーヒー調整設備を一新しました。
1985年年末、ジョセ・ターレスの末子で農学士であるマリア・パイバと伴侶のアフラネオ・パイバへと農園の運営は受け継がれました。

 

10年後その二人が父の遺言に従い農場主となりました。
祖先からの言い伝えでコーヒー樹をしっかり守り、栽培面での改良技術面での改善をはかり、自然を大切に、次世代に先祖が築いてきたその愛と伝統を伝え、ひいては、経済的な面だけでなく、社会にとって有益な農園であることを目標にしています。


農園主ご夫婦の写真

農場主のアフラネオ(Afrânio José Ferreira Paiva)さん、彼は農学士で奥さんのセルマさんと同級生、二人してこの農場の自然を活かした農園作りを進めています。

お二人は農場内の住宅に住み、 コーヒーの栽培に、収穫に、一日中休む暇もなく働いています。
420ヘクタールもある農園で、海岸山脈の続きとなるネグロ山系に位置し、園内には71ヘクタールの原始林がそのままの姿で現存し、その上に60haの再生林が大きくなって森林(予備地)となっています。
コーヒーの栽培面積は142haです。  

この農場は2007年にRain Forest 認証を取得しましたが、その年の収穫物には 適用されず、実質2008年度分収穫物より認証受けたことになります。

 

園主住宅前には天日乾燥場が広がり、現在盛んにコーヒーの実を乾しています。

 

こちらを向いて話しているのが園主夫妻、
乾燥場の手前の緑の帯がグロン・ベルジ(緑の豆)、その次がボイア(黒い乾燥した豆)、奥手の薄い黄色がセレジャ・デスカスカード(赤い実の外皮を剥いた中身であるコーヒーの実)が整然と日光浴をしているところです。

これも天日乾燥場、一日中コーヒーの実を十数回も天地返しし、じっくり乾燥します。

美味しいコーヒーはこうして生れます。

ヘカント農園は昨年、ブラジルのレインフォレスト・アライアンス認証団体IMAFLORA主催ブラジル国内のレインフォレスト・アライアンス認証コーヒーの品評会で41品中4位入賞を果たし、今年に入ってのアメリカでの世界大会では72品中第12位になったとの知らせが入っています。

スタッフの評価

上島相談役

苦味と酸味のバランスが良い。スッキリ感も良い。ビターチョコのような甘苦さが格別。

石 谷

甘みがあり、飲みやすい。香ばしさもある。

やや酸味が足らない分物足りない。

焙煎後3日経ったものを試飲したが、まだ煎りたての風味が残っていた。

米 田

焙煎度4のシティローストで焙煎すると、甘み、コク、アロマ、どれも非常に良く感じた。

飲みやすく万人受けしそうな印象。

村 井

苦味と甘みが強く、酸味が弱い。ブラジルらしい後味(苦味)があるので、好きな人には良いだろう。焙煎後3日経っていたが焙煎したての様な香ばしさがあった。

北 岡

味はしっかりしている。フルシティローストだと、よく煎られた分、余韻が抑えられ、
個人的に一番好み。ミルクとも相性が良い。

 

  • オススメ

ファゼンダ・ヘカント (生豆300g/1袋) 【ブラジル・南米】

焙煎度
豆の挽き方
個数
価格
1,470 円(税込)
商品コード: 86

このページのトップへ