• 初めてご利用の方は、まずこちらをご覧ください。
  • 会員登録はこちら
  • 店長のタイムリー オススメコーヒー
  • スペシャルティコーヒーの業務用卸はこちら
  • 抽出器具・消耗品はこちら

カレンダー

2017年6月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
営業日の受付時間
午前11時までのご注文は、当日焙煎・当日出荷となります。
(平成28年12月より休前日も午前11時までに変更になりました。)
産地別コーヒー豆
南米産 コーヒー豆
中米産 コーヒー豆
カリブ海産 コーヒー豆
アフリカ産 コーヒー豆
アジア・その他
ブレンドコーヒー
カフェインレスコーヒー
コーヒー以外の商品

商品検索

商品カテゴリーから選ぶ

商品名を入力


  • スペシャルティコーヒーギフト
  • コーヒー豆以外の商品
  • お客様の声

インドネシア アルールバダ

おすすめ焙煎度:フルシティロースト
 
味のチャート
フルシティローストの評価

アイスコーヒーにお奨め

お買い物エリアへ移動


「焙煎度」について

上島店長の評価

 

 

インドネシア スマトラ島アチェ州で収穫される高品質なスマトラ式コーヒーです。

< 3 ハイロースト >
力強いレモンの酸と、ビターなアフターテイスト

< 4  シティロースト >
穏やかな酸とビターなアフターテイスト。

 
 

商品の情報

生産地 インドネシア
地域 スマトラ島
アチェ州
樹種 ティムティム、アテン
精製 スマトラ式
その他 コーヒーチェリーを約400戸の零細農家から収集

生産地の紹介

味のチャート エチオピア・モカ、ケニアなどと並び、産地独特のテロワールを色濃く醸し出すスマトラ島北部のマンデリン。
特にその中でもアチェ特別自治州で作り出されるマンデリンアチェは、その品質の高さと、フレーバーの複雑さで世界のスペシャルティコーヒー愛好家の注目の的となっています。
 
味のチャート このアルール・バダ地区はアチェ特州の中でも、もっとも標高の高い1500~1600mに位置します。コーヒーの木は樹齢10年前後が多く、樹木に力がみなぎっていることが、品質テストでも感じることができるほど豊かなフレーバーを醸し出します。
地区の1~2ha程度の小農家の取り組み、標高、土壌、そのすべての環境(マイクロクライメット)が、フルーツのような柑橘系の酸味、スムースな口当たり、そして独特のエキゾチックアーシーをもたらします。

 
味のチャート 穫されたコーヒーは農家が信頼関係によって結ばれたコレクターに渡され、ほかの地域と混ぜないように精選工場へ運ばれます。
その後メダン市にある専用の特別工場にて、比重選別、スクリーン選別を行い、さらには最終的にハンドピック工程を経てこのスペシャルロットを作りあげます。
味のチャート タケンゴンの1600mという高地、最高のマイクロクライメットで収穫されたロットです。
コレクターレベルでも、比重選別などは済んでいるのですが、これをメダンの精製会社に運び、比重選別とハンドピックを2回の特別な選別を行いスペシャルマイクロロットとなったのが『アルールバダ』です。
アチェの素晴らしいマイクロクライメットにより生まれた味わいは、複雑なフレーバーや酸質で全く新しいインドネシアの表情を見せてくれます。

スタッフの評価

上島相談役

<3> ハイロースト
厚みのある酸味が特徴となる。
旨味がある。

<5> フルシティロースト
旨味のあるコーヒーです。
クリームに負けない酸味が旨みを支えています。

石 谷 <5> フルシティロースト
バランスが取れ飲みやすくなった。甘味も良い。
米 田 <5> フルシティロースト
苦味と酸味のバランスが良い。
村 井 <4> シティロースト
濃厚さがあり、バランスの取れた味わい。
北 岡

<5> フルシティロースト
円やかな酸としっかりとした苦み。

 

  • オススメ

アルールバダ (生豆300g/1袋) 【インドネシア・東南アジア】

焙煎度
豆の挽き方
個数
価格
1,690 円(税込)
商品コード: 253

このページのトップへ