個別焙煎システム

MUCカフェスタジオの個別焙煎システム

昭和7年創業、老舗の暖簾とフランチャイズ珈琲専門店MUCの実績を持つ上島珈琲貿易株式会社。
熟練の焙煎技術を更に超えるためにはどうすれば…。お客様一人一人の好みに合った焙煎ができないだろうか?
こんな思いを抱き続けてきたMUC上島珈琲貿易株式会社は、MUCのオリジナル焙煎機の開発に向いました。

究極のオン・デマンド珈琲、それがMUCカフェスタジオのオーダー焙煎珈琲です。

名工は道具を選ぶ?

『名工は道具を選ぶ』と言われますが、その道具のもつ最高の特性と名工の感性を総動員した技術とが出合った時、その相乗効果で素晴らしい作品が生れます。
しかし、と我が社のこの道60年のベテランロースターは言います。
「そりゃあそうだが、所詮道具はその道具の作り手の思惑以上の働きはできないものだ。」と。

なるほど。。。じゃ、どうすればよいのか?「それはハッキリしている、自分で道具を作るしかない。」というのがその答えでした。

MUC自慢のロースターはこの言葉から…。

このページのTOPへ

誰がそれを作るんだ?との問いに、彼は『私』とアッサリ答えました。きっと、その脳裏には新しい焙煎機の設計図があったのでしょう。
彼の話によれば、終戦当時、手に入る燃料は薪のみだったとか。それが、炭・練炭・コークス・都市ガス・プロパンガスと移り、軽油・重油・電気ヒーターへと変遷し、現在に至っているそうです。

また、焙煎釜は、生産国でははじめは土鍋、それから鉄鍋になり、今はドラム式の鉄板または網式のものになって手作業でコーヒー豆を煎っています。

消費国では、直火式・熱風・半熱風のドラムによる焙煎がその方法の殆どで、焙煎を行うということは、コーヒー生豆を加熱することにより豆の内部に熱化学反応を起こさせる、ということだそうです。
だから、この工程が最も効率よく豆にとっても一番気持ちよく膨らむ環境を作ってやることが肝要だという話をしてくれました。

他とは一味も二味も違う、MUCのロースター!

このページのTOPへ

しかし、『彼は新しい熱源、或いはそれらの新しい組み合わせが新しい焙煎釜だ!』と言っていましたので、皆、興味津々でそのチャレンジを見ておりましたが、彼の頭の中でその図面は時々書き換えられながらも、段々と形をとっていきました。
そして、ようやく誕生したのが、現在活躍しているカフェスタのオリジナル焙煎機なのです。

このオリジナル焙煎機は、企業の大切な財産なので、詳しく公開はできないのですが、この独自焙煎機の誕生が <オンデマンドシステムによる珈琲豆のオーダーメイドMUCカフェスタジオ>というコーヒー会社の少量焙煎と消費者への直接販売という新事業を実現させることとなりました。

少数焙煎・個別焙煎を可能に!

このページのTOPへ

オンデマンド方式の、オーダー焙煎手順

1:生豆をお選びいただきます、2:焙煎機に生豆を投入します、3:櫨音と色で焙煎度を見分ける、4:冷却装置に珈琲豆を移動し冷却する、5:冷却完了すると冷却筒から珈琲豆が出てくる。このように仕上がりました