珈琲の仲間たち

MUCカフェスタジオの珈琲の仲間たち

軟水、硬水とありますが、水選びは珈琲本来の味を引き出すのに大切なことです。また、砂糖とクリームは加えることで、飲みやすく口当たりのよい味に変化します。「ダイエット」などの言葉を抜きにして味わってみれば、砂糖たっぷり、クリームたっぷりという珈琲は、贅沢で甘美な味わいの素敵な飲み物かもしれません。

日本の若いお嬢さんがた、一度試して見られませんか?
珈琲の美味しい味わい方はひとつではないことを是非知ってほしいと思うのです。

風味を与えるクリーム

美味しく淹れた珈琲にはやはりちゃんとしたクリーム(乳脂肪18%以上のものしか「クリーム」表示できない)を入れて頂きたいもの。

「クリーム」とは原料となる生乳を少し温め、その中に含まれている乳脂肪を抽出して作られています。そしてその後4つのプロセス、<遠心分離機にかけ><調整><殺菌処理><冷却>を経て、生クリームが出来るのです。

クリームは珈琲にコクと風味を引き出します。

このページのTOPへ

珈琲用には一般的に乳脂肪20~35%の生クリームが使われ、珈琲ーの風味を損なわない工夫がなされています。牛乳に含まれる乳脂肪が、珈琲の苦み物質を包み込み、味をまろやかにしてコクを与えてくれ、乳脂肪独特の香気成分がクリーミーな風味を与えてくれるのです。

例えば一度、濃い目のストロング・珈琲に砂糖、クリームをたっぷりと入れて試してください。更に更に珈琲を美味しく召上っていただける筈です。

クリームを入れてお試しください♪

このページのTOPへ

カフェスタジオブレンド珈琲豆 ストロング珈琲

重厚でコクがあって深煎りあい過ぎず抜群の鮮度、【ストロング珈琲】と呼ぶに相応しい素晴らしいテイストです。ハッキリいって、香りも味も何処を探してもありません。一度は飲んでいただきたい珈琲です。
砂糖・クリームを入れてお試しください。

ストロング珈琲の販売はこちら

このページのTOPへ