おいしいコーヒーの淹れ方

スペシャルティコーヒーの清らかな味を壊さず、
たっぷりとしたコクを堪能していただける、そんな珈琲
です。

なかんずく、砂糖やクリームを入れて味わっていただくことを念頭において作っていますので、これ1杯で心からお腹の底から『美味しい珈琲だった』そう言っていただける、そんなストロング珈琲(ブレンド)です。

それでは、美味しいストロング珈琲(ブレンド)の淹れ方のご紹介です。

準備内容

  • 小さ目の細口ポット
  • 沸かしたお湯が入っている大き目のポット
  • サイホン用に挽いたストロング珈琲(ブレンド)
    1人前:18g
    2人前:30g
    3人前:40g
  • グラスポット& 1×2ドリッパー

たっぷりのコクが自慢のおいしいストロング珈琲(ブレンド)の淹れ方(2杯分)

珈琲の抽出(1回目)

ペーパーに粉をふわりと入れる。
小さいポット(冷たい)へお湯を移す。
少し湯温が下がったところ(85℃位)で、中心に向けゆっくりとお湯を注ぐ。
その時、コーヒーの上にお湯を載せるような気持ちでお湯を入れる。全体にお湯がゆきわたったら、注湯を止め、粉の山が膨らむのを待つ。

第2回目の注湯について

第2湯目は、1回目のお湯が滴り落ちて、もうこれからは1滴たりとも落ちない、 というところまで待って、2回目の注湯にとりかかる。 挽き方が細いので、落ちきるまで時間がかかるが、それが蒸らしにかかる時間である。

珈琲の抽出(2回目)

2湯目も、お湯をコーヒーの粉の上に載せるように細く細くそそぎながら、残りの三分の二のお湯をそそぎきり、
(但し、抽出液は落ちつづけているので、お湯を入れすぎないように注意!)
抽出液が2杯目の目盛りよりやや上に来たら、ドリッパーをはずし、別のグラスポット又はカップの上に置く。

最後のお楽しみ

この際、決して抽出後のコーヒーをすぐに捨てないで。
まだまだ美味しいコーヒーがでるので、後のお楽しみにしてください。

珈琲の色んな楽しみ方

抽出したコーヒーは、やや小ぶりのカップ(少々グレードの高いカップなら尚よし)でまずはブラックでひと口、次は砂糖、そしてクリームと順番に味を見つつ楽しんでいただけたら最高です。

さきほどの残ったコーヒーは、仕事をしつつ、或いは家事をしつつ、
そのままアメリカンコーヒーでOK、アイスを入れてアイスコーヒーも良し、
また牛乳を入れてカフェラテも良し、ということで最後までたっぷりと楽しんで頂けます。

カフェスタの珈琲はやっぱり『豆』で!!

このページのTOPへ