おいしいコーヒーの淹れ方

MUCカフェスタジオのコーヒー豆は選び抜かれた珈琲豆。
そしてもちろん、鮮度は抜群!!

だから思い切って【珈琲を丸ごと味わい尽くす】プレス式珈琲をお奨めすることになりました。

プレス式で淹れたコーヒーは少し濁った色で、
液体の表面にうっすらとオイルが浮いているのが特徴。

そのコーヒーオイルの中に閉じ込められたアロマや甘味、旨味成分も含めて【珈琲を丸ごと味わい尽くす】という、 大変欲張りな『おいしいコーヒーの淹れ方』といえるでしょう。

ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー
1杯分:KENYA French Press Coffee Maker 350ml
2~3杯分:KENYA French Press Coffee Maker 500ml
カフェスタの珈琲豆
1杯分:珈琲13g 2杯分:珈琲23g
おすすめの挽き方
中細挽き
下準備
前もって熱湯でプレス器を温めておく

カフェスタの珈琲を丸ごと味わい尽くす=プレス式珈琲の淹れ方

珈琲をじっくり蒸らす

カフェスタ(=MUCカフェスタジオ)の珈琲=中細挽き=を器具に入れ、90~95℃のお湯1杯分(約170cc。2杯分なら320cc。)を珈琲に注ぎ、ふたをして2分蒸らす→出来上がりは<130cc>

珈琲をしっかり抽出する

フィルターが珈琲に届く手前まで静かに押し下げる
※未だコーヒーに充分お湯は浸透していない

2分過ぎたらフタを手で押さえつつブランジャー(つまみ)をゆっくり止まる位置まで押し下げる

おいしい珈琲のできあがりです!

30秒ほど待って、温めたカップにゆっくり注ぐ
※底に沈殿した珈琲は微粒紛、味わっても良し、コーヒー占いをして頂いても楽しいですヨ。

お店でのお客さまの反応

  • 味的には見た目ほど苦くないね。
  • いつもブラックでマイルドブレンド(=FC珈琲専門店マック専用ブレンド)を飲んでいるが、
    プレス式珈琲は濃いが美味しく飲める。
  • 最後に苦味が来ますよネ、それがちょっと・・・。
  • ペーパードリップに比べたら淹れ方が面倒かな?
  • もっと濃い味に出来たらいいな。(意外かも。濃い、というよりマッタリしています)
  • プレスコーヒーのおかわりをされたお客様がいらっしゃいました。
  • 普段飲んでいるコーヒーと違い、同じ豆でもこんなに違うのか!!

お客さまの中にはスッキリしたテイストに馴れておられる方が
多くいらっしゃいます。そんな方には
『油の浮いている珈琲なんて???』と思われる事でしょう。

実は僕もそうでした。けど、こうして飲んでいると
このマッタリとした味やトロリとした独特の感触は
【丸ごと味わい尽くす】としたらこれしかない!って感じです。

そしてカフェスタの珈琲はそうする価値のあるコーヒー。
今やお客さまのニーズは多種多様となり、色んな味わい方で大いにコーヒーを楽しんでもらいたい、というのが私たちの正直な気持ちです。

コーヒーを取りまく環境も大いに変わってきています。
産地の方々が丹精こめて安心・安全(生産者にも消費者にも)なコーヒーを提供してくれています。
だからこそ、もっともっと沢山の方々にその珈琲を味わって頂きたいと思っています。

上島WEB店長m(__)m

プレス式コーヒーメーカーの販売はこちら

カフェスタの珈琲を丸ごと味わい尽くす

カフェスタの珈琲はやっぱり「豆」で!!

このページのTOPへ